のんびりいこうよ!開店休業

アクセスカウンタ

zoom RSS 止まらない安倍の暴走!仲井真知事を金で買収するも沖縄市民は

<<   作成日時 : 2014/01/15 22:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


画像


richardkoshimizu's blog: 2014.1.25RK諫早「スナメリのごとくしなやかに、そしてしたたかに」講演会を開催します。
http://bit.ly/1lJnQIg

□同時生中継
USTREAM 独立党TV【ネット中継環境に無い時はご容赦のほど】 
http://www.ustream.tv/channel/dokuritsutou

止まらない安倍の暴走!仲井真知事を金で買収するも沖縄市民は


1/11リチャード・コシミズ【売国奴小泉純一郎&オウム事件】
http://www.youtube.com/watch?v=5YQouV5Mdao&list=PLccodcCY084786QMhB9PZ4BHsKZ6c57Rh&feature=share

■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■
【●】沖縄の人へ、 日本人の支援はないかもしれない。 しかし世界の知識人は見守っている  孫崎 享 
   ★阿修羅♪ >投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 1 月 13 日
http://www.asyura2.com/14/senkyo159/msg/389.html


沖縄の人へ、 日本人の支援はないかもしれない。 しかし世界の知識人は見守っている
http://blog.goo.ne.jp/ichimurasan2006/e/42dc75652496adba0a95392da99ef57f
★孫崎享氏の視点ー<2014/01/13>★ :本音言いまっせー


名護市長選を控えて

沖縄県名護市長選は12日、告示され、末松文信(65)=自民推薦=と現職の稲嶺進(68)=共産、生活、社民、沖縄社大推薦=の2氏が立候補を届け出た。米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設問題が最大の争点で、稲嶺氏は移設に強く反対し、末松氏は移設推進を掲げている。

辺野古移設に大きい影響を与える。

多くの沖縄の県民は、普天間米軍基地の「最低でも県外」を主張している。

それを支持した鳩山首相を潰した。「日米関係を壊すな」と言って。貴方達の主張より、自分の環境が悪くなるかもしれないという怖れを優先した(実はその恐れにはほとんど根拠がないが)。

そして安倍政権になって辺野古移転を支持しない知事と沖縄選出自民党国会議員を札束と圧力で強引に支持をさせた。

貴方方の主張を支持する日本本土の人々はわずかだ。

もういい加減、日本と、日本人に絶望したくなる時と思う。

でもまだ絶望するのは早い。

貴方方の主張は国際的にみて、米国の同盟国なら全く当然の主張である。

ドイツと米国の取り決めを見てみよう

「特定の施設区域については、共同の防衛任務に照らしてもその使用よりもドイツ側の利益が明らかに上回る場合には、ドイツ当局の当該施設区域の返還請求に適切な方法でこれに応ずるものとする。

この第48条第5項⒝にいう「ドイツ側」の「利益」という基準は、合意議事録ではいっそう明確に表され、「ドイツの非軍事部門の基本的な必要性、特に国土整備、都市計画、自然保護および農業上、経済上の利益に基づく」と表現されている。」

 日本国はこういう要求も出来ないのだ。

 しかし、沖縄の人々の要求が、日本政府の立場より、同盟国の基準に合致しているのだ。

日本の知識層の然るべき人々から支持の声が届かないかもしれない。

しかし、米国などの知識人からは支援の声が届いた。それぞれの分野で発言力を持っている。

「私たち署名者一同は、2013年末に安倍晋三首相と仲井真弘多沖縄県知 事の間でかわされた、人間と環境を犠牲にして沖縄の軍事植民地状態を深化し拡大させるための取り決めに反対します。安倍首相は経済振興をエサに、軍港をともなう大型の海兵隊航空基地を作るために沖縄北東部の辺野古沿岸を埋め立てる承認を仲井真知事から引き出しました。

仲井真知事の埋め立て承認は沖縄県民の民意を反映したものではありません。知事は2010年の知事選直前に、それまでの新基地容認姿勢を変更し、「普天間基地移設は県外に求める」と言って、新基地反対で一貫していた候補を破って当選しました。近年の世論調査では県民の辺野古新基地への反対は7割から9割に上っていました。今回の仲井真知事埋め立て承認直後の世論調査では、沖縄県民の72.4%が知事の決定を「公約違反」と言っています。埋め立て承認は沖縄県民に対する裏切りだったのです。

 返還に条件がつくことは本来的に許されないことなのです

 戦後ずっと、沖縄の人々は米国独立宣言が糾弾する「権力の濫用や強奪」に苦しめられ続けています。私たちは、沖縄の人々による平和と尊厳、人権と環境保護のための非暴力のたたかいを支持します。辺野古の海兵隊基地建設は中止すべきであり、普天間は沖縄の人々に直ちに返すべきです。」

・ノーマン・バーンボームジョージタウン大学名誉教授(社会学者、雑誌THE NATIONの編集長

・、ハーバート・ビックス:ニューヨーク州立大学ビンガムトン校歴史学部教授・副理事長・研究科長。ピュリツァー賞

・ライナー・ブラウン国際平和ビューロー(IPB)共同代表、

・ノーム・チョムスキーマサチューセッツ工科大学言語学名誉教授

 2005年フォーリン・ポリシーの世界の思索家NO1

・ジョン・W・ダワーマサチューセッツ工科大学歴史学名誉教授、ピュリツァー賞

アレクシス・ダデン・コネチカット大学歴史学教授

ダニエル・エルズバーグ核時代平和財団上級研究員

ジョン・フェファー政策研究所(IPS)。fpif.org 共同代表

ブルース・ギャグノン「宇宙への兵器配備に反対ネットコーディネーター

ジョセフ・ガーソン「アメリカン・フレンズ・サービス委員会部長、

リチャード・フォーク・プリンストン大学国際法名誉教授

ケイト・ハドソン核軍縮キャンペーン事務局長

キャサリン・ルッツブラウン大学人類学・国際問題学教授

ナオミ・クライン・著述家、ジャーナリスト21世紀初頭における、世界で最も著名女性知識人、
2005年フォーリン・ポリシーの世界思索家NO11

ジョイ・コガワ作家、『オバサン』(和訳『失われた祖国』)著者

ピーター・カズニック・アメリカン大学歴史学教授

マイレッド・マグワイアノーベル平和賞受賞者

ケビン・マーティン「ピース・アクション」事務局長

ガバン・マコーマックオーストラリア国立大学名誉教授

キョー・マクレア作家、児童文学者

スティーブ・ラブソンブラウン大学名誉教授・米陸軍退役軍人(沖縄・辺野古にて1967−68年駐留)

マーク・セルダンコーネル大学東アジアプログラム上級研究員

オリバー・ストーン映画監督、アカデミー監督賞受賞

デイビッド・バインアメリカン大学人類学部准教授

ロイス・ウィルソン世界教会協議会前総会議長

ローレンス・ウィットナーニューヨーク州立大学アルバニー校歴史学名誉教授

★詳細はURLをクリックして下さい.

■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
【●】都知事選挙は政治の風景を一変させる
  田中 良紹 | ジャーナリスト■ 2014年1月13日 22時33分
  http://bylines.news.yahoo.co.jp/tanakayoshitsugu/20140113-00031547/


 細川護煕氏が東京都知事選挙に出馬する見通しである。しかも「脱原発」で小泉元総理と手を組むと言う。これは誰が都知事にふさわしいかとか、誰が当選するかというレベルを超えて政治の風景を一変させる。

2011年3月11日は日本が1945年8月15日に次ぐ「敗戦」を経験した日である。縦割りの官僚機構は災害という「敵襲」に有効に機能できず、ひたすら責任回避の方向に動き、その官僚機構を仕切る役目の政治家が官僚を掌握しきれていない無能さを露呈した。

狭い国土に54基の原発を持ちながら、国民を守る自衛隊に原発事故に即応する専門部隊がない事も驚きだったが、国民のパニックを恐れて情報を隠蔽する官僚のやり方には強い憤りを覚えた。最悪の事態に備える思考を持たない「平和ボケ」が深刻である事を改めて認識させられた。

3・11の「敗戦」を反省し、国家のありようを一から考え直さなければ、世界最速で進む少子高齢化に対応できる国を作り、世界に範を示す事は出来ないと強く思った。しかしピンチはチャンスでもある。日本人が焼け跡から立ち上がり奇跡の復興を成し遂げたように、敗戦の教訓を胸に発想の転換を図れば、必ずや世界の範となる国づくりが出来るとも考えた。

ところがその後の政権は口で「震災からの復興」を叫ぶが、どの政権も「敗戦」の深刻さを理解しているように見えない。従来型の公共事業に頼って災害に備えようとするだけで、これまでの国家の在り方を考え直そうとする姿勢が見られなかった。それどころかアメリカと官僚にはかなわないと思うのか、民主党政権はアメリカの要求するTPPと官僚が要求する消費増税を受け入れて国民の期待を裏切った。

大胆な金融緩和で円安・株高を狙った安倍政権も同様である。目先の利益に国民の目を向けさせてはいるが、この政権もアメリカと官僚に従属しているだけで国家のありようを根本から見直そうとはしていない。

そうしたところに小泉元総理の「脱原発」発言が出てきた。小泉氏は「3・11」を見てこれまでの考え方を変えたと言う。私からすれば政治家として至極もっともな反応である。そうならない方が政治家としておかしい。戦後の日本を支配してきたアメリカと官僚に迎合するだけならサラリーマンと同じである。

口では「改革」とか「政策」とかもっともらしい事を言うが、強い者にはゴマをするサラリーマン型の政治家が実はごまんといる。そうした政治家たちが「政界再編」と言って野党結集を呼びかける様を私は冷ややかに見てきた。政治の構図を変えようとするならば自民党に楔を打ち込む以外に方法はない。私はそう考えていた。

次の国政選挙まで2年半あるので、それだけの時間をかけて自民党分断工作に知恵を絞れば良いのである。それは消費増税が実施された後の夏から秋にかけて第一幕が開くと考えていた。野党が動くのではない。自民党を動かすのである。そう思っているところに猪瀬都知事の辞任があり、細川元総理の出馬の話が出てきた。

従って私の興味は自民党にある。都知事選を通じて自民党の中に安倍政権と異なる動きがどれほど出て来るかにある。選挙だから異なる動きが表面化する事はないだろうが、水面下にどれほど蓄積されるかを注目している。

その意味で自民党が桝添要一氏を推す事を決めたのも面白い。桝添氏は介護や社会福祉を中心に訴えるようだが、自民党の政策と桝添氏の政策がどれほど折り合えるのかという問題がある。どちらが歩み寄るのか、あるいは歩み寄ったように見せて誤魔化すのかを注目している。

細川氏の出馬に「殿、ご乱心」とか「晩節を汚す」とけん制する発言がある。しかし私に言わせれば細川氏がこのまま人生を終えればそれこそ「晩節を汚した」ままという事になる。晩節を汚したくなければ今一度自らを犠牲にして政治にチャレンジする必要があるのである。

20年前の1994年4月、細川総理は突然辞任を表明した。佐川急便とのカネにまつわるスキャンダルがあったためだとされている。しかし政界の常識で言えばその程度で総理が辞任するなど考えられない。何か他に人に言えない事情があったのだろうと当時は噂された。細川氏の突然の辞任によって38年間の自民党単独政権からの転換は根こそぎ覆され、非自民勢力はバラバラになった。

政権交代によって日本政治が前進するための構造改革をする暇もなく、細川氏の辞任は旧体制復活に手を貸した。従ってあと1,2年辞めずに頑張れば「55年体制」を構造的に変える事ができたと細川氏は批判された。この時の方が「殿、ご乱心」で、「晩節を汚す」行為だったのである。

その細川氏が再び政治に関わり出したのは2010年の民主党代表選挙である。参議院選挙で敗れたにもかかわらず菅直人氏は代表を続投しようとした。国政選挙に敗れた総理は責任を取るのが当たり前である。そうしなかったのは歴代総理の中でも第一次政権の安倍晋三氏しかいない。自民党は巧妙に安倍おろしを図り安倍総理は辞任させられたが、民主党は続投を認めようとした。その時に代表選挙に名乗り出た小沢一郎氏を細川氏は支援した。

次いで細川氏は野田佳彦氏を強く推して野田政権を誕生させた。しかし小沢氏は代表選挙に敗れ、野田氏もまた民主党を大惨敗させる結果となり、それが安倍政権を誕生させた。細川氏の中に何とかせねばという気持ちがあってもおかしくない。

細川氏と小泉氏が手を組む背景には「3・11」がある。「3・11」を日本の敗戦と見てその教訓を胸に立ち上がる政治勢力が台頭する事を私は願ってきた。それは現在の政治の風景を一変させる筈である。選挙の勝ち負けとは別にそれが今後の政治の在り方を大きく変えるきっかけになると私は思っている。

★詳細はURLをクリックして下さい.

■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■
【●】「鎌田慧「国家の名前による戦争は、死刑制度とおなじように、国家による人権に対する攻撃である。」」   晴耕雨読 2014/1/14 憲法・軍備・安全保障
http://sun.ap.teacup.com/souun/13135.html

watanabe氏のツイートより。

「安倍首相が信じている「武力による平和」論は前世紀の遺物である。日本国憲法の精神をまったく理解できず、戦争を「平和」と言い換えて語っているだけだ」

積極的「戦争」主義: 鎌田慧 東京新聞12月31日 http://t.co/l8Ya10PLNY

鎌田慧「人権とはなんだろうか。「人間が生きて行くための権利」ということができる。しかし、それでもまだわかりにくい。生きていくための、だれからも邪魔されない権利、と言い換えると、もうすこしわかりやすくなるかもしれない」

「「人間らしく生きる権利」、あるいは、「人間の尊厳を奪われない権利」ともいえる。どんなひとでも、自分の生命と運命を他人から妨害されることがあってはならない、この世に存在するために、すべてが認められる権利、といえる」

「たとえば、いじめられたり、差別されたり、暴力を受けたり、迫害されたり、殺されたりしない権利、と考えることもできる。誰も暴力や経済力によってひとを支配することはできない」

「国民すべてに「基本的人権」がある。それはだれも侵すことのできない永久の権利である。憲法が国民に保障する自由と権利を保持するために、国民は不断の努力をしなければならない」

「そのために、憲法第三章では、第10条から第40条まで、「国民の権利及び義務」が細かく定められている。憲法は国の最高の法規だが、国が国民に保障している最低限のきまりでもある」

「その中心を占めている「基本的人権」は、不断の努力によって保持し、将来の国民にむけて拡大していかなければならない、とされている。それが憲法の精神である」

「人間はみな平等である。人種、信条、性別、社会的身分、または門地(家柄)などによって、差別されない、と日本国憲法には定められている」

「しかし、憲法に書かれているから、人間に人権があるのではない。人間だれでも、生まれながらにして人間としての権利がある。たとえ憲法のない国の住民であったにしても、人間としての尊厳がある。だれも人間を抑圧したり、支配して尊厳を傷つけることはできない」

「人権を侵害する最大の行為は、殺人である。殺されるのは人権の抹殺であり、殺す行為は人間性の喪失である。個人的、あるいは集団的な殺人行為は、もっとも許し難い犯罪である。と同時に、死刑制度も、国家が行なう重大な人権侵害として、廃止する国がふえている」

「国家の名前による戦争は、死刑制度とおなじように、国家による人権に対する攻撃である。戦争を放棄し、国際的な紛争を武力に寄って解決しない、と世界にむかって宣言した日本国憲法は、世界でもっとも人権的な憲法といっていい」

「憲法の精神を世界にひろめ、恒久の平和のために力を尽くす、というのが、戦後の日本人の決意だった。表現の自由、信仰の自由、欠乏からの自由、恐怖からの自由。これらは平和の世界でなければ達成できない」

「戦争は相手の国のひとたちを殺そうとして人権をうばうばかりではない。自分たちの国でも、人間としてのすべての権利をうばいすすめられる」

「それが,日本の戦時中の悲惨な経験である。戦争にいったものは戦場で殺され、戦争にいかないものは空襲で殺され、戦争に反対したものは、刑務所で獄死した」

「人権はたしかに、生まれながらにしての人間の権利である。しかし、それが拡大するか縮小するかは、ひとびとの不断の努力によっている。といって、努力しないものにはあげられない、というようなものではない」

「人権を拡大するため、勇気あるひとびとの闘いによって、人間の権利が定着してきたのが、人類の歴史である」

人権読本 (岩波ジュニア新書) 鎌田 慧 http://amzn.to/13WxrbB

★詳細はURLをクリックして下さい.

********************************************************
★独立党 阪大荒田名誉教授の「固体核融合」実用化を支援しよう!★
http://dokuritsutou.heteml.jp/newversion/aratasensei.html


□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□
【●】みんなでいっしょに考えよう!TPP 全編
http://youtu.be/IrVpfMixi6s

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□
【●】アメリカ市民団体がTPPについて報道した驚異の内容1
http://youtu.be/nwKP2Yug9D8

アメリカ市民団体がTPPについて報道した驚異の内容2
http://youtu.be/d5xso5pWW9s


#TPP とは? 1%の企業による支配の道具 ♪♪ #特許 #著作権 #acta #OpJapan
http://youtu.be/ZRHF04xEogA


【アメリカ傀儡政権】 CMトレモロスの裏側 【TPP強行の訳は?】
http://youtu.be/txi91ec4q8E



『郵貯かんぽのカネが狙われてるのに何ねぼけたこと言ってんですか
http://www.youtube.com/watch?v=2VkpBPgBTvw&feature=player_embedded
TPPで日本は郵貯・簡保の資産を無差別開放させられる
http://www.youtube.com/watch?v=G_mRJcdJpRg&feature=related

降って沸いた「TPP」の謎?! 10/11/06
http://www.youtube.com/watch?v=JvBhl7rt4rU&feature=related

TPPアメリカの真の狙いは!? 10/11/13
http://www.youtube.com/watch?v=aV4fmGVP3kw&feature=channel
TPPのひみつ
http://www.youtube.com/watch?v=GqqUieLxtBY

**********************************************************
【●】richardkoshimizu's blog
http://richardkoshimizu.at.webry.info/
******************************************************************
【●】リチャード・コシミズ 独立党動画ギャラリー
http://dokuritsutou.heteml.jp/newversion2/video.html
*********************************************************
□リチャード・コシミズ第11作:。「リチャード・コシミズの未来の歴史教科書」
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201311/article_114.html


□RK第10作「12・16不正選挙」の販売を開始します。
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201301/article_87.html

■RK第9作「日本独立宣言(略称)」の販売を開始しました!

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201211/article_98.html
******************************************************************

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
止まらない安倍の暴走!仲井真知事を金で買収するも沖縄市民は のんびりいこうよ!開店休業/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる