のんびりいこうよ!開店休業

アクセスカウンタ

zoom RSS 「プーチンの訪日(招待)を、安倍は断念せよとアーミテージが圧力、脅迫。」について

<<   作成日時 : 2014/08/15 10:20   >>

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


画像


プーチンの訪日(招待)を、安倍は断念せよとアーミテージが圧力、脅迫。」について

2014.8.23(土)RK高松緊急講演会のお知らせ
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201408/article_34.html

生中継
USTREAM 独立党TV【ネット中継環境に無い時はご容赦のほど】 
http://www.ustream.tv/channel/dokuritsutou

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□
【●】「マレーシア紙 MH17便が、SU-25による攻撃を受け、墜落したと確信
   :在日ロシア連邦大使館」  晴耕雨読 2014/8/14 その他
   http://sun.ap.teacup.com/souun/14983.html

https://twitter.com/RusEmbassyJ

マレーシア紙New Straits Timesは、#マレーシア航空機 MH17便が、空対空ミサイルや大砲を利用した #ウクライナ 空軍の攻撃機SU-25による攻撃を受け、墜落したと確信しています。http://t.co/kY8vhBVkH2

マレーシア紙New Straits Timesは、米国が、#マレーシア航空機 墜落事故へのキエフ政権による関与を認識していると主張しています。 http://t.co/kY8vhBVkH2


-----------------
http://t.co/kY8vhBVkH2

US analysts conclude MH17 downed by aircraft
By Haris Hussain - 7 August 2014 @ 8:20 AM

KUALA LUMPUR: INTELLIGENCE analysts in the United States had already concluded that Malaysia Airlines flight MH17 was shot down by an air-to-air missile, and that the Ukrainian government had had something to do with it.

This corroborates an emerging theory postulated by local investigators that the Boeing 777-200 was crippled by an air-to-air missile and finished off with cannon fire from a fighter that had been shadowing it as it plummeted to earth.

In a damning report dated Aug 3, headlined “Flight 17 Shoot-Down Scenario Shifts”, Associated Press reporter Robert Parry said “some US intelligence sources had concluded that the rebels and Russia were likely not at fault and that it appears Ukrainian government forces were to blame”.

This new revelation was posted on GlobalResearch, an independent research and media organisation.

In a statement released by the Ukrainian embassy on Tuesday, Kiev denied that its fighters were airborne during the time MH17 was shot down. This follows a statement released by the Russian Defence Ministry that its air traffic control had detected Ukrainian Air Force activity in the area on the same day.

They also denied all allegations made by the Russian government and said the country’s core interest was in ensuring an immediate, comprehensive, transparent and unbiased international investigation into the tragedy by establishing a state commission comprising experts from the International Civil Aviation Organisation (ICAO) and Eurocontrol.

“We have evidence that the plane was downed by Russian-backed terrorist with a BUK-M1 SAM system (North Atlantic Treaty Organisation reporting name SA-11) which, together with the crew, had been supplied from Russia. This was all confirmed by our intelligence, intercepted telephone conversations of the terrorists and satellite pictures.

“At the same time, the Ukrainian Armed Forces have never used any anti-aircraft missiles since the anti-terrorist operations started in early April,” the statement read.

Yesterday, the New Straits Times quoted experts who had said that photographs of the blast fragmentation patterns on the fuselage of the airliner showed two distinct shapes ? the shredding pattern associated with a warhead packed with “flechettes”, and the more uniform, round-type penetration holes consistent with that of cannon rounds.

Parry’s conclusion also stemmed from the fact that despite assertions from the Obama administration, there has not been a shred of tangible evidence to support the conclusion that Russia supplied the rebels with the BUK-M1 anti-aircraft missile system that would be needed to hit a civilian jetliner flying at 33,000 feet.

Parry also cited a July 29 Canadian Broadcasting Corporation interview with Michael Bociurkiw, one of the first Organisation for Security and Cooperation in Europe (OSCE) investigators to arrive at the scene of the disaster, near Donetsk.

Bociurkiw is a Ukrainian-Canadian monitor with OSCE who, along with another colleague, were the first international monitors to reach the wreckage after flight MH17 was brought down over eastern Ukraine.

In the CBC interview, the reporter in the video preceded it with: “The wreckage was still smouldering when a small team from the OSCE got there. No other officials arrived for days”.

“There have been two or three pieces of fuselage that have been really pockmarked with what almost looks like machinegun fire; very, very strong machinegun fire,” Bociurkiw said in the interview.

Parry had said that Bociurkiw’s testimony is “as close to virgin, untouched evidence and testimony as we’ll ever get. Unlike a black-box interpretation-analysis long afterward by the Russian, British or Ukrainian governments, each of which has a horse in this race, this testimony from Bociurkiw is raw, independent and comes from one of the two earliest witnesses to the physical evidence.

“That’s powerfully authoritative testimony. Bociurkiw arrived there fast because he negotiated with the locals for the rest of the OSCE team, who were organising to come later,” Parry had said.

Retired Lufthansa pilot Peter Haisenko had also weighed in on the new shootdown theory with Parry and pointed to the entry and exit holes centred around the cockpit.

“You can see the entry and exit holes. The edge of a portion of the holes is bent inwards. These are the smaller holes, round and clean, showing the entry points most likely that of a 30mm caliber projectile.

“The edge of the other, the larger and slightly frayed exit holes, show shreds of metal pointing produced by the same caliber projectiles. Moreover, it is evident that these exit holes of the outer layer of the double aluminum reinforced structure are shredded or bent ? outwardly.”

He deduced that in order to have some of those holes fraying inwardly, and the others fraying outwardly, there had to have been a second fighter firing into the cockpit from the airliner’s starboard side. This is critical, as no surface-fired missile (or shrapnel) hitting the airliner could possibly punch holes into the cockpit from both sides of the plane.

“It had to have been a hail of bullets from both sides that brought the plane down. This is Haisenko’s main discovery. You can’t have projectiles going in both directions ? into the left-hand-side fuselage panel from both its left and right sides ? unless they are coming at the panel from different directions.

“Nobody before Haisenko had noticed that the projectiles had ripped through that panel from both its left side and its right side. This is what rules out any ground-fired missile,” Parry had said.

ーーーーーーーーーーーーーー
機械翻訳

米国のアナリストは、航空機によってダウンしたMH17を終えます。
ハリス・フセインによって - 2014年8月7日の@午前8:20
クアラルンプール:
アメリカのINTELLIGENCEアナリストは、マレーシア航空会社飛行MH17が空対空ミサイルによって撃ち落とされ、ウクライナの政府が有利と不利と両面を持った、と既に結論を下していました、それ。
これは、ボーイング777-200が駄目にされた地方の調査者によって仮定された新興理論を確証します、空対空ミサイル、またそれが地球に急降下したとともに、それを陰にしていた戦士から大砲火で終わりにされました。
のっぴきならない報告書で、見出しをつけられて、8月3日に日付を持った「17便撃墜シナリオはシフトする」、AP通信社リポーター、ロバート・パリーは、「反逆者とロシアが故障したようにありそうでなくウクライナの官軍に責任があったように見える、と何人かの米国の情報源は結論を下した」と言いました。
この新しい発覚はGlobalResearch、無所属派研究およびメディア構成にポストされました。
火曜日にウクライナの大使館によって発表された声明で、キエフは、その戦士が、MH17が撃ち落とされた間空中輸送されることを否定しました。
これは、その航空交通管制がウクライナの空軍活動を検知したロシアのディフェンス省によって発表された声明に続きます、同じ日のエリア。
さらに、彼らは、ロシア政府によってなされた主張をすべて否定し、国の中核興味がインターナショナル民間航空免許法機構(ICAO)およびEurocontrolのエキスパートを含む州委員会の設立により、悲劇についての即時で、包括的で、透明で、公平な国際的な調査を保証することにあると言いました。
「私たちは、乗組員と一緒に、ロシアから供給されたBUK-M1 SAMシステム(名前SA-11を報告する北大西洋条約組織)を持ったロシア語支持のテロリストによって飛行機が撃墜されたという証拠を持っています。
これはすべて、私たちの知能、テロリストの遮られた電話会話および衛星画像によって確認されました。
「同時に、反テロ活動が4月前半にスタートして以来、ウクライナの軍隊は対空ミサイルを使用したことがない」(ステートメント読み取り)。
昨日、新しいストレーツ・タイムズはエキスパートを引用した、定期旅客機の胴体上の突風分割パターンにそれが写真に写ると言った、2つの別個の形を示した?
「フレシェット」が詰められた弾頭とより一定のに関連した、寸断するパターン、大砲巡回のそれと一致する円形のタイプの浸透穴。
パリーの結論は、さらにオバマ政権からの主張にもかかわらず、ロシアが反逆者に33,000フィートで飛ぶ民間のジェット旅客機を打つために必要だろう、BUK-M1対空ミサイル・システムを供給したという結論を支援する明確な証拠の断片がなかったという事実から生じました。
災害の場面に着くために、パリーは、さらにドニエツクの近くで、セキュリティの理由としてマイケルBociurkiw、最初構成のうちの1つおよびヨーロッパ(OSCE)調査者の中の協力との7月29日のカナダ放送協会のインタビューを挙げました。
BociurkiwはOSCEを備えたウクライナのCanadianのモニターである、もう一人の同僚に加えて、飛行MH17が東ウクライナ上に下げられた後、残骸に達する、最初の国際的なモニターでした。
CBCインタビューでは、ビデオのものの中のリポーターはその前に次のものを挿入しました:
「OSCEからの小さなチームがそこに着いた時、残骸はまだくすぶっていました。
他の職員は何日も到着しませんでした。」
「2、あるいは機関銃火のようにほとんど見えるもので実際に痘痕のあった、胴体のスリーピースがありました;
非常に強い機関銃火」とBociurkiwはインタビューで言いました。
パリーは、Bociurkiwの証言がそうであると言いました「処女、手をつけない証拠および証言に私たちが常に得るのと同じくらい接近している
ロシア政府、英国の政府あるいはウクライナの政府(その各々はこのレースの中に馬を持っている)によって後で長いブラックボックス解釈分析と異なり、独立して、Bociurkiwからのこの証言は生で、物的証拠の2人の最も初期の目撃者のうちの1人から来ます。
「それは強力に権威のある証言です。
「彼がOSCEチーム(彼らは後で来るために組織していた)の残りのための地元住民と交渉したので、Bociurkiwはそこに速く到着しました」とパリーが言いました。
引退したルフトハンザ・パイロット、ピーターHaisenkoの体重はパリーと新しい撃墜理論上でさらにありました。また、そのHaisenkoはコックピットに集中したエントリーと脱出孔を指摘しました。
「エントリーと脱出孔を見ることができます。
穴の一部の端は内側へ曲がっています。
これらはより小さい、穴を掘る、丸、また清潔にする、エントリー・ポイントを最も恐らく示すこと、30mmの口径射弾のそれ。
「他方、より大きなもの、およびわずかにほつれていた脱出孔(同じ口径射弾によって生産されて指す金属のショー断片)の端。
さらに、2倍のアルミニウムに強化された構造の外層のこれらの脱出孔が、寸断されるか曲げられることは明白です?
外形上。」
彼は外形上端がほつれて、内部に端がほつれる穴のうちのいくつかおよび他のものを持っているためにそれを推定しました、そこで定期旅客機の右舷側からのコックピットへ発射する別の戦士でなければならなかった。
定期旅客機に当たる、表面で動くミサイル(あるいは榴散弾)ができる(恐らく)ように、これは批判的ではありません、飛行機の両側のコックピットの中へのパンチ穴。
「それは飛行機を墜落させた両側の弾丸のあられでなければなりませんでした。
これはHaisenkoの主な発見です。
両方向に行く射弾を持つことができません?
その左・右側の両方からの左側胴体パネルへ?
もし、それらが異なる指示からパネルで来なければ。
「Haisenkoの前の誰も、その左側とその右側の両方からそのパネルを射弾が貫通したことに気づいていませんでした。
「これはどんな土地で動くミサイルも除外するものです」とパリーが言いました。


★詳細はURLをクリックして下さい.


********************************************************
★独立党 阪大荒田名誉教授の「固体核融合」実用化を支援しよう!★
http://dokuritsutou.heteml.jp/newversion/aratasensei.html


******************************************************************
フジTV サキヨミLIVE「アメリカからの指令書!?年次改革要望書とは…」

http://www.youtube.com/watch?v=AoIqkOAGN0w

http://www.youtube.com/watch?v=IsPTYPdkuXs&feature=related

************************************************************
郵政民営化とは、郵政ロックフェラー化の事だったんです。
小泉の構造改革とは、日本をユダヤ資本に売り渡すことだったんです。」

http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/yuuseiminneika.htm
************************************************************
【●】徹底追及!郵政民営化・かんぽの宿
http://www.youtube.com/watch?v=3XHFbYHeKXg

http://www.youtube.com/watch?v=3IF591HZbjE

http://www.youtube.com/watch?v=eyjtspp8iEk

http://www.youtube.com/watch?v=39FdFZnL2Yk
---------------------------------------------------------
売国奴を晒す!小泉純一郎&竹中平蔵の悪行【かんぽの宿編】

1/2

http://www.youtube.com/watch?v=S9cDcxRRtps

-------------------------------------------------------------
売国奴を晒す!小泉純一郎&竹中平蔵の悪行【かんぽの宿編】

2/2
http://www.youtube.com/watch?v=y0IbZgUCntk&feature=related
******************************************************************



日本病 石井紘基衆議院議員 1/5
http://www.youtube.com/watch?v=EhGE_ZIadEg&feature=related;

日本病 石井紘基衆議院議員 2/5
http://www.youtube.com/watch?v=wVT3jkx8p98&feature=related

日本病 石井紘基衆議院議員 3/5
http://www.youtube.com/watch?v=jonZYLtzRts&feature=related

日本病 石井紘基衆議院議員 4/5
http://www.youtube.com/watch?v=ZvvF7-faq4c&feature=related

日本病 石井紘基衆議院議員 5/5
http://www.youtube.com/watch?v=SN8cpirvuOE&feature=related

石井紘基議員刺殺の真相 1/2
http://www.youtube.com/watch?v=XZvKh4J9vig


石井紘基議員刺殺の真相 2/2
http://www.youtube.com/watch?v=Dz5FIXVXRvk&feature=related

石井紘基議員 暗殺の謎
http://www.youtube.com/watch?v=-tn1Oq7jA-A

http://www.youtube.com/watch?v=KsB4QE49r9Q

http://www.youtube.com/watch?v=X34iRa7oXFM

**********************************************************
【●】richardkoshimizu's blog
http://richardkoshimizu.at.webry.info/
******************************************************************
【●】過去の講演会動画
•You Tube の独立党動画 再生リスト
http://dokuritsutou.heteml.jp/douoga-gallery.html

****************************************************************
■リチャード・コシミズの小説ではない小説 日本の魔界 [単行本]
http://amzn.to/1gtC9SJ


□リチャード・コシミズの未来の歴史教科書 [単行本]
http://amzn.to/1eUna34

□RK第10作「12・16不正選挙」の販売を開始します。
http://amzn.to/1dQoUH2

■世界の闇を語る父と子の会話集 特別編 日本独立宣言
http://amzn.to/QjlMi4

******************************************************************

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「プーチンの訪日(招待)を、安倍は断念せよとアーミテージが圧力、脅迫。」について のんびりいこうよ!開店休業/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる