のんびりいこうよ!開店休業

アクセスカウンタ

zoom RSS 「「戦争に巻き込まれることも徴兵制も、決してありません」」について

<<   作成日時 : 2015/06/07 21:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像



2015年6月13日(土)、突然ですが、RK東池袋講演会を開催します。

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201506/article_24.html


同時生中継
USTREAM 独立党TV【ネット中継環境に無い時はご容赦のほど】 
http://www.ustream.tv/channel/dokuritsutou




「戦争に巻き込まれることも徴兵制も、決してありません」」について

武満 徹「死んだ男の残したものは・・」 林光編曲 混声合唱
https://youtu.be/9fCqVkM1bB0


*******************************************************************
【●】「単に日本政府は日本国憲法を遵守するからご希望に添えないと言うだけでいいのにね
:萩原 一彦氏」 晴耕雨読 2015/6/7 憲法・軍備・安全保障
http://sun.ap.teacup.com/souun/17551.html

https://twitter.com/reservologic

>ちだい ‏憲法では戦争してはいけないことになっているけど、アメリカ様に言われて、中東の戦争に参加するのは戦争ではないってことにする。戦争ではないので戦争に参加してもいい。もはや日本語として成立しておらず、わけわからないことになっているけれど、安倍政権がやっていることは、こういうこと。

単に日本政府は日本国憲法を遵守するからご希望に添えないと言うだけでいいのにね。

米国は立憲国家として立憲国家の日本の決定を尊重する。

もういっぺんよく考えてみたほうがいい。

日本て「潜在的核保有国」だから国際的に高い地位を占めているんだろうか。

中国は沖縄に海兵隊がいるから攻めてこないんだろうか。

米国と一緒に中東で軍事作戦を遂行すれば日本に「存立の危機」が起きないんだろうか。

原発も海兵隊も集団的自衛権行使も要るの?

そもそも日米高官が口をそろえて言う「辺野古移転が唯一の解決策」は一体何を解決することなんだろうか。

日本側はよく「辺野古が普天間を解決する」と言うけど、米側は「普天間と辺野古はリンクしていない」と言う。

じゃ「解決する」のは何だろう。

それは辺野古基地建設じゃないと解決しないらしい。

安部氏との共同記者会見で、オバマ氏は「海兵隊のグアム移転を進める」と言った。

それをNHKは「辺野古基地建設を進める」とわざわざ誤訳してその誤訳を記者クラブメディアが拡散した。

米側は海兵隊を沖縄から引き上げたい。

日本側は海兵隊用の大規模な基地を作りたい。

どこに共通の「解決」がある?

米側が辺野古で目指す「解決」と日本政府が辺野古で目指す「解決」は、はたして同じものなんだろうか。

もし同じだとすると、たとえば、米海兵隊のためとの名目で大きな基地を辺野古に作りたいという日本側のわがままを米国が支持してやることで米軍のホスト国日本のご機嫌をとることが「解決」だとか…

沖縄の翁長知事が米国で言われたことは「それを米国に陳情するのはまちがってる。陳情するなら日本政府にだろう」ということだったらしい。

つまり米国のスタンスは「米側は日本政府の要望に応えているだけ」ってことらしい。

ということは、辺野古建設に米側からの圧力はかかっていないことを匂わせる。

じゃ、辺野古基地建設をやめると日米同盟にヒビが入るという話は日本側の嘘なんだろうか……。

考えれば考えるほどわからなくなる。

>昨日の長谷部先生発言の文字起こしがネットに出回っているので、ぜひ、あらゆる国民にお読みいただきたいです。これほどまで簡潔かつ適切にまとめられた近代立憲主義の解説にはまず、お目にかかれません。ただ、記事には恣意的なところがありますが…。http://t.co/ip4uxTPUV3 

Litera http://tinyurl.com/oqve23q は安保法制で違憲裁判が起きたとして「権力になびいた最高裁は『統治行為論』をもち出して司法審査の対象外として逃げ切ることが予想される」と言うけど日米安保条約問題と違ってここで「逃げ切る」ことは最高裁にとって意味ないでしょ。

>辺野古近隣には普天間のように多くの住民が住んでいる訳ではない。 よって騒音問題や訓練事故のリスクも含めた多くの問題やストレスが相当に解消されるベクトルに向かう。 よって多くの沖縄の方々の負担を軽減することに繋がる それは日本側の説明だよね。でも米側にとってはグアムに本隊が移転した後日本に作る海兵隊の基地は辺野古である必要はないし、たまに来て訓練するだけのだから、訓練のニーズを満たしていれば大規模基地じゃなくてもいい。

え?たまに海兵隊が訓練に来るだけのローテーション基地で?

海兵隊がどんな性格の部隊か知ってれば十分でしょ。

日本には沖縄を含めて大規模な米空軍基地が4つもあるし、空母を運用できる規模の米海軍基地が三つもある。

そしてオバマ大統領は海兵隊をグアムに移転すると明言している。

沖縄メディアも読んでね。

>雪之丞 安倍首相は米議会の演説で「グアムの移転事業に30億ドル(3750億円)までは出す」と約束してますね。思いやり予算とは別でしょう。財源はどこ? どこまで米国に忠誠を尽くせば気が済むのか、この奴隷政権?

>かばさわ洋平 アメリカ国民は厭戦気分でも、アメリカの軍産複合体は戦争しないと既得権益が守れない。だから別の国の兵士がアメリカのために死んでくれることを願っている。そのアメリカの虫のいい要請と、日本を戦前の体制に戻したい安倍周辺の利害が一致したということだと思います。(内田樹さん)

>布施祐仁 礒崎総理補佐官は湾岸戦争は戦争ではないと明言し、イラク戦争も戦争という言葉を使うのを避けた。そして最後には、湾岸戦争やイラク戦争を「『戦争』と決め付ける人たちとは見解が違う」と切り捨てた。戦争を戦争と認めない人たちが「戦争に巻きこまれることは絶対ない」と言って誰が信じるだろうか。

>布施祐仁 礒崎総理補佐官は「イラク戦争」とは言わず「イラク紛争」と呼んだ。ちなみに戦争と紛争についての政府見解は「戦争とは国家の間で武力を行使し合うという国家の行為であり、紛争は国家又は国家に準ずる組織の間で特定の問題について意見を異にし対立している状態」。イラク戦争は明らかに戦争だろう。

第二次大戦のときも、米国には宣戦布告したけど、中国にはしてないから「事変」という言葉を使った。

だから「日中戦争」は公式的には無かったことになっている。

原発事故を「事象」と呼んだりするのと同じでくだらない言葉遊びだ。

領土問題も話し合いで解決することがある。

インドとバングラデシュの話し合いによる40年越しの歴史的な国境問題解決。

お互いの国内にあった多くの飛び地を交換。

飛び地の住民にはその地にとどまるか国境を越えて国籍を維持するかの選択権を与えた。http://tinyurl.com/o5hjo9s

>すでに「戦争」ではない「紛争」だって言ってるようだし、危険きわまりない

>神保哲生 RT @videonewscom: 【無料放送】インタビューズ(2015年6月6日)「現在の政府答弁では安保法制に正当性は見いだせない」ゲスト:木村草太氏(首都大学東京都市教養学部准教授)聞き手:神保哲生 http://bit.ly/fjQLkM

新3要件の文言自体に問題があるわけではなく、「何が新3要件なのか」と聞くと「新3要件が満たされればいろいろなことができる」と答えるような政府のとぼけた態度が問題であるという話。

そもそも相手がテロリストの場合は、「戦争」と定義することもそれに対する攻撃反撃を「武力行使」と定義することも不可能なわけだから、テロリストに攻撃されている「親密な国」を集団的であれ個別的であれ「自衛権」を行使して支援することはできない。

じゃ、何のための「安保法制」なんだろう?

集団的自衛権行使には国際法上の常識として、支援される国からの要請が必要なのに、「安保法制」には「相手国からの要請」が集団的自衛権行使の条件に入っていない。

ということは、相手が要請していようがいまいが、「国の存立危機」と判断して好き勝手に出てって助太刀できるということになる。

問題なのは、「安保法制」の運用を時の政権が恣意的に行えるという点。

事後の検証の手順も書かれていないから、やってしまえばあとは適当に検証しとけばいいということになる。

憲法はその意味で政権の好き放題に歯止めをかけることができない。

言い換えればこの法案は憲法違反であるということになる。

だいたい、「安保法制」なんて言ってるけど、「日米安全保障条約」とは直接関係ない法案だよねえ。

ーーーーーーーーーーーー
http://t.co/ip4uxTPUV3 

《発言全文》安保法案「違憲」とバッサリ、与党推薦の長谷部教授が語った「立憲主義」
憲法審査会で語る長谷部教授(衆議院インターネット審議中継より)

国会で「安保法制」の審議が行われている最中の6月4日に開かれた衆議院の「憲法審査会」で、自民党、公明党が推薦した憲法学者の長谷部恭男・早稲田大大学院法務研究科教授が、与党の安保法制に「違憲」の評価を突きつける、異例の事態が起きた。

もともと、この日の議論のメインテーマは「立憲主義」だったが、民主党の中川正春議員が「率直に聞きたいんですが、先生方は、今の安保法制、憲法違反だと思われますか。先生方が裁判官となるんだったら、どのように判断されますか」と参考人の憲法学者3人に質問したところ、全員揃って「違憲だ」と明言するという展開になった。

菅義偉官房長官は同日夕方の記者会見で火消しに動き、「全く違憲でないという著名な憲法学者もたくさんいる」と断言した。一方で、憲法学者の南野森・九州大教授は《菅官房長官によれば、「全く違憲でない」と言う「著名な」「憲法学者」が「たくさん」いるらしい。是非ご教示賜りたい。》とツイートした。

●集団的自衛権の行使=「憲法違反である」

中川議員の質問に対して、自民・公明党が招いた参考人である長谷部教授の回答は、次の通りだった。

「安保法制は多岐にわたっておりますので、その全てというわけにはなかなかならないんですが・・・。

まずは、集団的自衛権の行使が許されるという点につきまして、私は『憲法違反である』という風に考えております。従来の政府見解の基本的な論理の枠内では説明が付きませんし、法的安定性を大いに揺るがすものであるという風に考えております。

それからもう一つ武力行使、外国の軍隊の武力行使との一体化に自衛隊の活動がなるのではないかという点ですが、その点に関しては『一体化するおそれが極めて強い』と考えております。従前の戦闘地域・非戦闘地域の枠組みを用いた、いわばバッファーを置いた、余裕を持ったところで明確な線を引く、その範囲での自衛隊の活動に留めておくべきものであるという風に考えております」

また、民主党推薦の参考人・小林節・慶應大学名誉教授と、維新の党推薦の笹田栄司・早稲田大政治経済学術院教授もそろって「違憲」と述べた。

●長谷部教授の「考え方」は?

長谷部教授は2014年3月まで東大で教授を務めており、90年代に自衛隊合憲論を唱えたり、2013年12月成立の「特定秘密保護法」に賛成を表明するなど、憲法学者の中でも「個性的」な人物とされている。ただ、憲法解釈の変更による集団的自衛権の行使について、新聞対談などで繰り返し反対の立場を述べていた。長谷部教授の考え方は、この日、審査会冒頭で12分間、「立憲主義」について話した内容に色濃く表れているため、以下、その全文を引用する。
●中世ヨーロッパは「キリスト教」が政治権力を制限していた

《本日はこのような形で発言の機会を与えていただきまして、本当にありがとうございます。本日は主に立憲主義についてお話を申し上げようと思います。

立憲主義という言葉は色々な意味で用いられますが、大きく「広い意味」と「狭い意味」を区別することができます。広い意味の立憲主義、これは、政治権力を何らかの形で制限する考え方、これを広く指して用います。例えば中世のヨーロッパにも立憲主義があったと、そう言われる時には、この意味で「立憲主義」という言葉が使われております。

中世のヨーロッパでは、当時の支配的な宗教であり、世界観であるキリスト教に基づきまして、何が正しい生き方かが、あらゆる人にとって決まっておりました。為政者についても当然、政治権力の正しい行使の仕方が決まっています。そして、それに違反をすれば、教会を破門され、臣下の服従義務が解かれる。そうしたリスクに晒されておりました。

また、ローマ教皇についても、彼が異端の思想に染まったときは、全クリスチャンの代表からなる公会議によって、あるいはさらに公会議を代表する枢機卿会議によって、教皇がその地位を追われる、それもあり得ると考えられておりましたし、実際コンスタンツの公会議におきましては、教会を分裂させた三人の教皇を廃位いたしまして、新たな教皇を選出しております。

キリスト教という一元的な思想、そして世界観に基づいて、政治権力も制限されていたわけです。

●「多様な価値観・世界観の共存」が近代立憲主義の前提

他方、現在日本を含めた先進諸国で共通に立憲主義として理解されておりますのは、「狭い意味の立憲主義」です。これは「近代立憲主義」とも言われ、近代ヨーロッパで確立した考え方です。

当時のヨーロッパは、一方では宗教改革後の激烈な宗派間の対立を経験し、他方では大航海時代でもありましたために、世界各地で多様な暮らしぶりや考え方に出会った経験から、人にとっての生き方や世界の意味づけ方が、これはただ一つには決まっていない、「多様な相互に両立し得ない価値観、世界観があるのだ」と、そのことを事実として認めざるを得ない状況におかれておりました。

宗派間の対立をとってみますと、プロテスタントにしろ、カトリックにしろ、それを信仰する人にとっては自分にとっての正しい生き方、世界の意味づけ方を教えてくれる大事な、かけがえのないものであります。

そうである以上、自分だけでなく他の人も全て信じてしかるべきだと考えるのが人としての自然の傾向でありますが、ただ、その自然の傾向のままに、各人にとっての「正しい信仰」をほかの人に押し付けよう、押し付けようとしますと、そうするとここに深刻な対立が起こります。

現在でも世界の各地におきまして、何が正しい信仰であるか、それがもとになって大変に激しい紛争が起こっていることはご承知の通りであります。

●どちらの価値観が正しいかという議論は「意味がない」

これに対しまして、近代立憲主義は、「価値観や世界観は人によって様々である」と、これを正面から認めるべきだと、そういう認識から出発をいたします。多様な価値観、世界観について、いずれがより正しいかを議論しても「意味がありません」。客観的に比較するものさしが、そもそもそこにはないからであります。

どのような世界観、人生観を持つ人であろうと、人間らしい平和な社会生活を送ることができるようにするためには、どのような社会のあり方、それを基本とすべきか、それをまず考えるべきだということになります。ホッブズ、ロック、ルソー、カントといった近代立憲主義の基礎を築いた政治思想家たちは、いずれもこの問題に解答しようとした人たちであります。

●「私の領域」と「公の領域」を区別して考える

近代立憲主義はそうした社会生活の基本的な枠組みといたしまして、公(おおやけ)と私(わたくし)とを区分することを提案します。

私(わたくし)の領域におきましては、各自がそれぞれ「自分が正しい」と思う世界観に従って生きる自由が保障されます。志を同じくする仲間や家族と生きる自由も保障されます。

他方で、社会全体の共通の利益にかかわる公(おおやけ)の領域におきましては、各人が抱いている世界観はひとまずわきに置いて、どのような世界観を抱いている人であっても人間らしい、社会生活の便宜を享受するためには、何が必要なのか。各自がどのようにコストを負担すれば、公平な負担と言えるのか、それを落ち着いて理性的に話し合い、決定をしていく必要がございます。

日本国憲法もそうですが、近代立憲主義に立脚する国々の憲法、これは基本権、憲法上の権利を保障する条項を定めていることが普通です。

それらは一方では、私(わたくし)の領域におきまして、それぞれの人が自らの信ずる宗教を奉じ、各自が正しいと考えることを表現し、プライバシーの守られる空間で、自らの財産を使いながら生きる自由を保障します。

自由な私(わたくし)の領域を確保するためのさまざまな権利が保障されております。

他方で、報道の自由、取材の自由、結社の自由、参政権と、主に公の領域におきまして、社会全体の利益を効果的に実現するために何が必要か。それを理性的に審議し決定するために保障されているさまざまな権利もあります。

そうした権利に支えられた民主政治の具体のプロセスについて定める統治機構に関する規定も、これももちろん備えられております。

●憲法が改正しにくいのは「人が感情や短期的な利害にとらわれがち」だから

こうした近代立憲主義に立脚する憲法、これは通常の法律に比べますと変更することが難しくなっていること、つまり硬性憲法であることが、これまた通常でございます。

いま述べました基本的人権を保障する諸条項、民主政治の根幹に関わる規程、これは政治の世界におきまして、選挙のたびに起こりうる多数派・少数派の変転や、たまたま政府のトップである政治家の方がどのような考え方をするか、そういったものとは切り離されるべきだから。つまり、その社会の全てのメンバーが中長期的に守っていくべき基本原則だからというのがその理由であります。

また、憲法の改正が難しくなっている背景には、人間の判断力に関するある種、悲観的な見方があると言ってもよろしいでありましょう。

人間というのはとかく、感情や短期的な利害にとらわれがちで、そのために中長期的に見たときには合理的とは言いがたい、自分たちの利益に反する判断を下すことがままあります。

ですから、国の根本原理を変えようというときは、本当にそれが将来生まれてくる世代も含めまして我々の利益に本当に繋がるのか、国民全体を巻き込んで改めて議論し考えるべきだ、ということになります。

それを可能とするために憲法の改正は難しくなっております。

さらに、改正を難しくするだけではなく、国政の実際においても、憲法の内容が順守され、具体化されていくよう、多くの国々では違憲審査制度が定められております。

●戦前の日本も「近代立憲主義に基づく国家とは言いがたかった」

近代立憲主義の内容とされる基本的人権の保障、そして民主的な政治運営は、ときに普遍的な理念、普遍的な価値だと言われることがあります。

ここで普遍的というのが、世界の全ての国が、大昔から現在に至るまで全てこの、近代立憲主義の理念に沿って運営されてきたと、そういう意味であればこれは正しい言い方ではございません。

実際には、現在でさえ、こうした理念に則って国政が運営されているとは言いがたい国は少なからずございます。

また、日本も第二次世界大戦の終結に至るまでは、この近代立憲主義に基づく国家とは言いがたい国でありました。

●日本国憲法には「改正の限界」がある

さらに民主主義について申しますと、19世紀に至るまでは、民主主義はマイナスのシンボルではあっても、プラスのイメージで捉えられることはまずなかった、と言ってよろしいでありましょう。

それでも現在では、「基本的人権の保障」や「民主的な政治運営」は、普遍的に受け入れられる「べき」ものとされております。

ただ問題は、憲法典の中に基本的人権を保障する条項、民主的な政治制度を定める条項が含まれているか否か、それには限られておりません。

これらの条項の前提となる認識、つまり、「この世には人としての正しい生き方、あるいは世界の意味や宇宙の意味について、相互に両立し得ない多様な立場があるということを認め、異なる立場に立つ人々を公平に扱う用意があるか」。それこそが実は普遍的な理念に忠実であるか否かを決している、ということができます。

そして、近代立憲主義の理念に忠実であろうとする限り、たとえ憲法改正の手続を経たとしても、この理念に反する憲法改正を行うことは許されない、つまり「改正には限界がある」ということになります。

●国独自の理念・制度は「近代立憲主義と両立」する範囲内でなければならない

ただ、近代立憲主義の理念に立脚する国々も、各国固有の理念や制度を憲法によって保障していることがあります。日本の場合で言えば、天皇制や「徹底した平和主義」がこれにあたるでありましょう。

こうしたそれぞれの国の固有の理念や制度も、これもその時々の政治的多数派・少数派の移り変わりによっては動かすべきではないからこそ憲法に書き込まれているということになります。

もっともこれら、国によって異なる理念や制度は、普遍的な近代立憲主義の理念と両立しうる範囲内にとどまっている必要があります。つまり、特定の人生観や宇宙観を押し付けるようなことは、近代立憲主義のもとでは、憲法に基づいても認められないということになります。

「憲法を保障する」という言葉も色々な意味で使われることがございますが、現在の日本で申しますと、価値観や世界観、これは人によって様々である。しかしそうした違いにもかかわらずお互いの立場に寛容な人間らしい暮らしのできる公平な社会生活を営もうとする、そうした近代立憲主義の理念を守るということ、そして憲法に書き込まれた日本固有の理念や制度を守り続ける、それが憲法を保障することのまずは出発点だということになるでありましょう。

以上、誠に雑ぱくな話でございますが、以上で立憲主義に関する私の説明を終わらせていただきます。


どうもご静聴ありがとうございました。

(弁護士ドットコムニュース)

★詳細はURLをクリックして下さい。



********************************************************
★独立党 阪大荒田名誉教授の「固体核融合」実用化を支援しよう!★
http://dokuritsutou.heteml.jp/newversion/aratasensei.html



□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□
【●】みんなでいっしょに考えよう!TPP 全編
http://youtu.be/IrVpfMixi6s

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□
【●】アメリカ市民団体がTPPについて報道した驚異の内容1
http://youtu.be/nwKP2Yug9D8

アメリカ市民団体がTPPについて報道した驚異の内容2
http://youtu.be/d5xso5pWW9s


#TPP とは? 1%の企業による支配の道具 ♪♪ #特許 #著作権 #acta #OpJapan
http://youtu.be/ZRHF04xEogA


【アメリカ傀儡政権】 CMトレモロスの裏側 【TPP強行の訳は?】
http://youtu.be/txi91ec4q8E




降って沸いた「TPP」の謎?! 10/11/06
http://www.youtube.com/watch?v=JvBhl7rt4rU&feature=related

TPPアメリカの真の狙いは!? 10/11/13
http://www.youtube.com/watch?v=aV4fmGVP3kw&feature=channel
TPPのひみつ
http://www.youtube.com/watch?v=GqqUieLxtBY

20150524放送【山崎康彦YYNewsLive特別講演】movie171146943 http://blog.goo.ne.jp/kitchendrunker/e/b2a9be940fc6b2a4a20f51ed2d79107a

**********************************************************
【●】richardkoshimizu's blog
http://richardkoshimizu.at.webry.info/
******************************************************************
【●】過去の講演会動画
•You Tube の独立党動画 再生リスト
http://dokuritsutou.heteml.jp/douoga-gallery.html

****************************************************************
■ リチャード・コシミズの世界の闇を語る父と子の会話集 [真実を知るためのキーワード篇] RK新刊書、Amazonで買えます。 http://bit.ly/YEMoON

■リチャード・コシミズの小説ではない小説 日本の魔界 [単行本]
http://amzn.to/1gtC9SJ


□リチャード・コシミズの未来の歴史教科書 [単行本]
http://amzn.to/1eUna34

□RK第10作「12・16不正選挙」の販売を開始します。
http://amzn.to/1dQoUH2

■世界の闇を語る父と子の会話集 特別編 日本独立宣言
http://amzn.to/QjlMi4

******************************************************************

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「「戦争に巻き込まれることも徴兵制も、決してありません」」について のんびりいこうよ!開店休業/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる