のんびりいこうよ!開店休業

アクセスカウンタ

zoom RSS 「”非正社員、初の4割 雇用側「賃金の節約」 厚労省調査” 」について

<<   作成日時 : 2015/11/05 23:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


”非正社員、初の4割 雇用側「賃金の節約」 厚労省調査” 」について
日本国憲法第25条 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%9B%BD%E6%86%B2%E6%B3%95%E7%AC%AC25%E6%9D%A1
条文
1.すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
2.国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□
【●】「木村草太氏「まず最初に人権があるというところから出発しないと近代国家にならない」
:萩原 一彦氏」 晴耕雨読 2015/11/4 憲法・軍備・安全保障
http://sun.ap.teacup.com/souun/18741.html#readmore

https://twitter.com/reservologic

>毛ば部とる子 谷垣幹事長・共産党が民主党に選挙協力を呼びかけていることに関連して、「これを受けたら、民主党は一体何をやる政党なのかという疑問が出てくる」と指摘「野党第一党として、自民党に対抗する力を作ることは永久にできなくなる」 https://t.co/M9KNWQv0Aq ⇒おだてすぎ。

てことは、民主党が共産党の野党連合提案に乗ること自体、自民にとってはずいぶん嫌なことなんだろうな。

「野党第1党の立場を保つために民主に共産に変わって野党連合のイニシアチブを取られたらやだな」という谷垣氏の裏メッセージを読まないと。


大企業が儲かればそのおこぼれが自分たちにも国民にも回ってくるという「トリクルダウン幻想」に取り憑かれている。

RT @senkyoniikouyo: 山本太郎となかまたち"発行のフライヤー 結局、組織票で当選した大企業の代表ってこと?


>ライナ こぼれてくるどころか吸い上げられてるのに…。思考停止してるとしか思えません

「連合」という民主党に組織票を提供している大企業の労働組合の集まりみたいなのがあるんだけど、労働組合だから労働者の味方かというと、どっちかといえば「正社員」の生活確保のために大企業に儲かってほしいという考え方なんだよね。

そこが問題。

大企業ー中小企業ー零細企業 というピラミッドがしっかりしていれば大企業が儲かることで仕事が回り、トリクルダウンも期待できるんだけど、昨今は、大企業→海外の下請けの流れで仕事は回り、儲けは大企業が社内で溜め込んでしまっているので、日本国内へのトリクルダウンは「幻想」に過ぎない。

「連合」とその組織票に期待する民主党は、誰の利益を守っているかというと、それは大企業の正社員なので、そうじゃない人たちが民主党に投票するためには、それなりの理由が必要だと思う。

もし危機に瀕している立憲主義を守るために誰とでも連立を組んで立ち上がるというんならそれは理由になる。

逆に「連合」の方も今は考えどきだという気がする。

大企業はどんどんグローバル化してその分日本人正社員の数も減って、その分定期雇用や非正規雇用が増えている現状は連合だって見ていると思う。

組織率の低下には現在歯止めがかかっているみたいだけど、それは非正規を取り込み始めたからでしょ。

「いつものセンセイ」が大丈夫だと言ったから、とか、「いつものセンセイ」に深々と頭下げられて断れなかったとか…。

RT @BabiThird: @litera_web @human_fututre 悪口は書きたくないが、農家の人たちはよくも今まで、我慢強く自民党を支持してきたものだ。

>毛ば部とる子 昨日ご近所さんとトルコの選挙の話をした時、一人が「トルコって民主主義なの?そうは思えないんだけど」と言ったら違う一人が、「あの国は独裁者が、我が国は民主主義なのだ!って言ってるから民主主義なんだよ」ってコメントして納得。あーそういえばそんな国がもう一つあったなぁ・・・。

下の方で東アジアがどんぐりの背比べ。

→ 日本の年金制度は世界ランキング何位か知ってる? マーサーによる25か国調査に驚がく! http://bit.ly/1OjYunD #ovo #まめ学(´豆`) #マーサー・メルボルン・グローバル #ランキング #年金 #年金指数

>デモクラシーな言葉 ‏木村草太氏の「もし安倍首相が日本国憲法に正統性がないと感じるのなら選挙には出るべきではないし、首相を認証する天皇陛下に対し(今の)天皇には正統性はないと言わなければいけません」という話は核心を衝いた指摘。異なる論理を場当たり的に使い分ける首相の詭弁術を看破している。(山崎雅弘)

>ひろみ憲法学者の木村草太氏が、自民党憲法草案を解説。解説を聞くとわかる、とても恐い憲法改正草案 https://t.co/jf3eCZRFjO

>大阪のおっさん。


木村草太氏「『国民の権利がまず保障され、その例外規定として部分的に義務を課す』のが憲法の常識。それに対して自民党の憲法草案は『義務が権利を得るための前提』になってしまっている。義務を多く国民に課す憲法草案は危険。」 http://bit.ly/20pkTUm

木村草太氏「まず最初に人権があるというところから出発しないと近代国家にならない」 http://bit.ly/20pkTUm

木村草太氏「97条はなぜこの憲法は他の法律を無効にできるのか、それはこの憲法が人権尊重に基づいているからだと説明してある部分。それを自民案で削除するということは、人権尊重の理念そのものを削除してしまうこと」 http://bit.ly/20pkTUm

木村草太氏「権利義務の関係とは、権利を得るために義務を果たすという関係ではなくて、誰かが権利を行使することで別の誰かが義務を負うという関係。同じ人間が権利行使のために義務を負うという関係ではない」 http://bit.ly/20pkTUm

木村草太氏「自民の改憲草案は、憲法が法律に、法律が政令にと、順次丸投げして、結果として時の政権が自由に解釈できる余地を与えるような構造の草案になっている。それがこの草案全体にわたって見られる傾向」 http://bit.ly/20pkTUm

木村草太「緊急事態条項を作るなら、緊急事態中に政府が違憲行為をしないように憲法裁判所の監視機能を強化しなければならない。日本の場合は最高裁が判断することから逃げられないような仕組みを作らなければならない。自民案は政府に法的効力を持つ政令を発する権利を与えるが監視機能強化はない。」

ツイッター上で安倍政権と自民党と日本の行政を批判してると、なぜか中国韓国ラブだと思われてしまう不思議。

安倍政権批判の時、僕の天秤の支点は日本と中国韓国の間にはないんだけどな。

じゃあどこにあるかってと…、多分、被統治者と統治者の間とか、納税者と行政の間とかにある。

菅官房長官、前段と後段が全く噛み合ってない。

→「消費税率を3%引き上げた影響は、言われていたよりもはるかに深刻だった。ただ、再来年4月の消費税率の10%への引き上げは、リーマンショックのような事象がなければ予定どおりやらせていただく」http://bit.ly/1M8V4OR

★詳細はURLをクリックして下さい.


□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□
【●】「この20年ほどは「他人に迷惑をかけない」という意識がエスカレートして「相互監視」の域に
:小田嶋隆氏」 晴耕雨読 2015/11/4 その他
http://sun.ap.teacup.com/souun/18747.html#readmore

https://twitter.com/tako_ashi

快適な社会を実現するための方法として、

1「個々の市民が少しずつ我慢して他人に迷惑をかけないことを心がける」方法と 

2「個々の市民が少しずつ寛大になって他人の逸脱に目くじらを立てない」方法の

2つがあって、私は個人的に2を強く推したいのだけど、日本人の多数派はたぶん1を選ぶのだな。


>Thrall こんばんは、日本の場合、既に「迷惑をかけない」ことの意識は他国と比べると遥かに浸透してると思うので、そろそろ2に多くの人が移行しても良いんじゃないかなとは思います。今は少しでも迷惑をかけたら悪、それを制裁するのが当然、といった過度な息苦しさがあるような。。。

同感ですね。

特にこの20年ほどは「他人に迷惑をかけない」という意識がエスカレートして「相互監視」の域に達している感じです。

昭和の時代は、マナーの悪い人や迷惑をかける自分勝手な人が多かった分、社会全体がもうすこし寛容でした。

「他人に迷惑をかけない」ことと「他人の迷惑を容認する」ことは、トレードオフになっていて、皆が他人に迷惑をかけないことを共有している社会は、他人の逸脱に対して不寛容になる。

個人的には、現代の日本人は「他人に迷惑をかけない」ことについて、もう少しゆるく考えた方が良いと思っている。

おそらく、「他人に迷惑をかけない」というモラルが過剰に尊重されると、「皆と同じようにふるまわないといけない」「他人の気分を害してはいけない」「空気を読んで自重すべき」という感じの、右顧左眄社会になる。

日本人が「他人に迷惑をかけない」ことを重んじているのは、この国が著しく同質性の高い社会だからだと思う。

いたるところに異民族や異教徒や移民や他言語を話す人間が共存している社会では、万人に「迷惑をかけない」ことを求めるより「他人の逸脱に寛容である」ことの方が現実的になる。

自然状態において、万人は万人にとって狼であるってなことを言った人がいるようですよ。

RT @urchinhead @tako_ashi ユーゴは?シリアは?

ただただ相手を論破するために極端な事例を持ち出してくる人間たちがツイッターのトラフィックを支えていたりする。

ほら出てきた。

RT @sukhumvitanode @tako_ashi ご自身のことですか?

「他者に寛大になるべきだ」みたいな説教をカマすと、対処する上で非常に大きな寛大さを要求されるタイプの強烈にウザい連中が大量にたかってくるのは、一種自業自得的ななりゆきなのであろうな。

ツイッター上で揚げ足取りをしてくる人たちの狙いは、相手に暴言を吐かせるところにあって、たとえば私に「うるせえバカ」と言わせることができれば、彼らとしては、オダジマが品のない言葉づかいをする人間であることを証明できたことになるわけで、まったくうるせえバカとしか言いようがない。

「個々人が善意と経済力の許す限りで身近な隣人を助ければ良い」という考え方は個人レベルの話としてはOKに見えても、寄り集まると「すべては自己責任」「自分の目の届かない範囲の弱者に手を差し伸べるのは偽善」「社会保障とか福祉とか余計なお世話だろw」式の露骨な弱肉強食思想になると思うよ

★詳細はURLをクリックして下さい.


********************************************************
★独立党 阪大荒田名誉教授の「固体核融合」実用化を支援しよう!★
http://dokuritsutou.heteml.jp/newversion/aratasensei.html



□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□
【●】みんなでいっしょに考えよう!TPP 全編
http://youtu.be/IrVpfMixi6s

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□
【●】アメリカ市民団体がTPPについて報道した驚異の内容1
http://youtu.be/nwKP2Yug9D8

アメリカ市民団体がTPPについて報道した驚異の内容2
http://youtu.be/d5xso5pWW9s


2013/3/15(金) TPP:銀行・企業が世界を支配する究極の資本主義のための道具
https://www.youtube.com/watch?v=i0XvrX7Igh8

TPPで日本は郵貯・簡保の資産を無差別開放させられる
https://youtu.be/G_mRJcdJpRg

降って沸いた「TPP」の謎?! 10/11/06
http://www.youtube.com/watch?v=JvBhl7rt4rU&feature=related

TPPアメリカの真の狙いは!? 10/11/13
http://www.youtube.com/watch?v=aV4fmGVP3kw&feature=channel
TPPのひみつ
http://www.youtube.com/watch?v=GqqUieLxtBY

「日本人はなぜ戦争へと向かったのか」の検索結果 - Yahoo!検索(動画)
http://urx.red/ornG


**********************************************************
【●】richardkoshimizu's blog
http://richardkoshimizu.at.webry.info/
******************************************************************
【●】過去の講演会動画
•You Tube の独立党動画 再生リスト
http://dokuritsutou.heteml.jp/douoga-gallery.html

****************************************************************
■ リチャード・コシミズの世界の闇を語る父と子の会話集 [真実を知るためのキーワード篇] RK新刊書、Amazonで買えます。 http://bit.ly/YEMoON

■リチャード・コシミズの小説ではない小説 日本の魔界 [単行本]
http://amzn.to/1gtC9SJ


□リチャード・コシミズの未来の歴史教科書 [単行本]
http://amzn.to/1eUna34

□RK第10作「12・16不正選挙」の販売を開始します。
http://amzn.to/1dQoUH2

■世界の闇を語る父と子の会話集 特別編 日本独立宣言
http://amzn.to/QjlMi4

■リチャード・コシミズ オンラインストア / 政治経済SF小説「ティアラの大冒険」

http://u111u.info/mpNQ
******************************************************************

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「”非正社員、初の4割 雇用側「賃金の節約」 厚労省調査” 」について のんびりいこうよ!開店休業/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる