のんびりいこうよ!開店休業

アクセスカウンタ

zoom RSS 「●日本国の滅亡を憂う方へ 不正選挙に関する概要英語版です。世界に向けて拡散願います。」について

<<   作成日時 : 2015/11/16 19:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像





●2015年11月21日(土)FACT11 BF・RK対談

ベンジャミン・フルフォード×リチャード・コシミズ「FACT」11講演会 11/21(土)

http://wonder151121.peatix.com/



同時生中継
USTREAM 独立党TV【ネット中継環境に無い時はご容赦のほど】 
http://www.ustream.tv/channel/dokuritsutou

●日本国の滅亡を憂う方へ 不正選挙に関する概要英語版です。世界に向けて拡散願います。」について



また始まった。日刊ゲンダイの左右ふらふら病

日刊ゲンダイ記事に透けるジャパンハンドラーズの次の一手 ”偽装新党”政権で乗り切り、安倍は再々登板? [鎌倉天地人]http://blog.goo.ne.jp/nanban3/e/0aee0d64eaf3601e3928ca5e2b52f1b1

外のマスコミより比較的まともな日刊ゲンダイも時々左右ふらふら病が出てきます。都知事選の時の細川ヨイショ記事に続き後ろから(鉄砲の弾を撃つ)前原と細野モナ男、元みんなの(森喜郎の)党番頭の江田憲司の民主党解党要求騒ぎ、ヨイショ

これは選挙によらないで民主党議員の絡め取りで、生活、社民、共産、市民団体によるオリーブの木に真っ向から対抗し、原発再稼働、辺野古容認、消費税増税賛成、戦争法案対案で結局は通過に手を貸す。自公カルト連合政権に無害な新党の結成により、国民目線からの政治を弾き飛ばす物。

憲法改正、あの自民党の自主憲法制定まであと議員数57名; 投稿者:風太 投稿日:2015年11月11日(水) 植草事件の真相掲示板
http://9123.teacup.com/uekusajiken/bbs/13163

この11月10日に開かれた改憲派の憲法改正1万人集会の模様を田中龍作さんがルポしてくださっています。
http://tanakaryusaku.jp/

それによると改憲に必要な議員数まであとたったの57名まで来ているそうです。

あと57名の改憲派議員を増やせば、あの封建時代に引き戻すような自民党のトンでも憲法草案が日本の憲法にされてしまうのです。

来年の参議院選挙で何としてもリベラル派が勝利しないと、日本はTHE・ENDということです。

安倍対米従属政権下のファシズム復活という事です。



民主党右派が党の「解散」を要求する危険な理由 ー 「出て行け」「追い出せ」ではダメだ
★阿修羅♪ >投稿者 一隅より 日時 2015 年 11 月 15 日
http://www.asyura2.com/15/senkyo196/msg/545.html

形振り構っていられないほどマイケルミドリ虫から追いつめられてますね安倍政権。


さらに後ろから(弾を撃つ)前原氏は『橋下さんとも一緒にやりたい』???
橋下大阪新撰組と松野維新の党は内部分裂中のはず。後ろから(弾を撃つ)前原氏が現状を知らないか?後ろから(弾を撃つ)前原氏の言う通り橋下大阪新撰組と一緒にやるとすれば"民主党解体"が最初からの目的の茶番。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞*
【●】「今までは一方的に攻撃する側でいられたがその構図が崩れることは予測可能であるはずだった
:山崎 雅弘氏」 晴耕雨読 2015/11/16 憲法・軍備・安全保障
http://sun.ap.teacup.com/souun/18837.html#readmore

https://twitter.com/mas__yamazaki

昨日は体調不良(多分インフル)で一日休養していたが、去年初めて訪れて好きな都市の一つになったパリで、また悲しい事件が発生したと知り、さらに気が滅入る。

レバノンのベイルートとイラクのバグダッドでも、同様の無差別テロで大勢の人が死んだ。

11月12日(木)夜、ベイルートでISによる自爆攻撃が発生し、死者43人、負傷者250人(現時点)。

13日(金)の朝、バグダッドでもISによる自爆攻撃が発生し、死者18人、負傷者41人。

そして13日夜のパリでの同時多発テロでは、死者129人、負傷者352人。

亡くなった方に祈りを。

これでまた「敵と味方の二分法」による恫喝的な言説が社会に広がる。

一方の問題点を批判的に指摘すると「ならばお前はもう一方を批判しないのか」「テロリストを擁護するのか」等と返される。

しかし一つだけ指摘しなくてはならないのは、フランスはISに対する空爆を実行してきた国の一つであること。

オランド仏大統領は、無差別テロを受けて「これは戦争だ」と、あたかも突然一方的に攻撃を受けたように宣言したが、実際にはフランス軍の航空機がIS支配地域に爆弾を落とす「戦争」を以前から行っていた。

今までは一方的に攻撃する側でいられたが、その構図が崩れることは予測可能であるはずだった。

オバマ米大統領は13日、過激派「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」の掃討戦の成果について封じ込めには成功しているものの指導部の壊滅は果たしていないとの認識を示した(CNN)http://bit.ly/1N4hczJ  

封じ込めに全然成功していないから一連の事件が起きた。

軍事的手段で「テロ」を根絶することが可能なら、米国の対アルカーイダ戦争はビンラディン殺害で終結しているはずだし、イスラエルの対ハマス戦争はアフマド・ヤーシン師とその後継者の殺害で終結しているはずだが、現実は逆で、被害者側が「テロ」と呼ぶ行動の原因となる「動機」は、増え続けている。

イギリス情報局保安部(軍事情報第5課、通称MI5)で五年間長官を務め、アイルランド紛争などのテロ対策の専門家でもあったエリザ・マニンガム=ブラー氏は、英BBCの「9.11事件」10周年番組でこう証言した。

「軍事的な手段で『対テロ戦争』に勝つのは無理でしょう。そもそも私は、テロとの戦いにおいて『勝利する』という表現を使いたくありません。テロ組織に感化される若者が減り、テロの動機が減り、パレスチナ問題が解決され、イスラム過激派の勢いが弱まる状況を創り出すことができれば、テロの脅威は今よりも『ずっと軽減される』とは言えます」

つまり動機を減らすことが鍵。

11月12日から13日にかけて、ベイルートとバグダッド、パリの三か所で起きたISによる無差別攻撃で、大勢の人が命を落としたが、いわゆる「先進国」の人々が「パリでの犠牲者」だけに同情し、アイコンに三色旗を沿えたりする「偏った態度」を無自覚にとる限り、この種の事件は続くかもしれない。

2011年6月に米ブラウン大学が発表した報告によると、米軍主導の有志国連合がアフガニスタンとイラクで行った「対テロ戦争」によって、犠牲となった(死亡した)民間人の数は約13万7000人。

さらに約780万人のアフガン人、イラク人、パキスタン人が、難民となって周辺諸国へ逃れたという。

>Saeed Sato ‏「敬愛するパリよ、貴女が目にした犯罪を悲しく思います。でもこのようなことは、私たちのアラブ諸国では毎日起こっていることなのです。全世界が貴女の味方になってくれるのを、ただ羨ましく思います。」 シリア出身UAE在住の女性アナウンサー


★詳細はURLをクリックして下さい.

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□
【●】「ノーベル経済学賞のクルーグマン氏のNYT・コラム「絶望、アメリカンスタイル」
:関根奉允氏」  晴耕雨読 2015/11/14その他
http://sun.ap.teacup.com/souun/18817.html#readmore

https://twitter.com/tomosekine 

11/9, NYTimes "Despair, American Style" http://nyti.ms/1MRzEv

|ノーベル経済学賞のクルーグマン氏のコラム:これは必読。

米国では中年の白人の死亡率が99年以来上昇。

他の国、米でも白人以外の生存率は高くなっている、何故か 

10/9, NYTimes "Despair, American Style" http://1drv.ms/1iWDLIo

|ノーベル経済学賞のクルーグマン氏のNYT・コラム「絶望、アメリカンスタイル」


|概略訳:オバマ大統領は「共和党は米国を責めているのだ」と皮肉った。

その上、Grumpy Cat(有名な不機嫌な顔の猫)のうまい真似をしてみせた。

それも理由がある。

失業率は90年代以来最低、健康保険のカバー率は最高となり、共和党が予測する先行きの暗さも現実性がないからだ。

しかし、我々の社会の一部に暗さが広がっている。

それが何かよく分らない 

経済学者Angus Deaton('15年ノーベル賞)とAnne Caseの新しい論文は、この論文には多くのコメントがあるが、中年で白人の米国人の死亡率が1999年以来増え続けている事を示している。

他の国と米国の他のグループでは、両方とも死亡率は低下してのに、この悪化が起った 

際立つのは、増える死亡率の最も近い原因だ。

白人の米国人は、直接であれ間接であれ、自らを殺しておりそれが増えているのだ。

自殺は増え、薬物中毒、酒飲み過ぎによる肝疾患も増加。

我々はこういう悪化を他の時代と場所で見てきた。

例えば、ソ連崩壊後ロシアを襲った落込む生活不安の中などで。

しかし、Deaton-Case論文が示したものは既に確立されたパターンに当てはまるものだ。

低学歴の白人の生活への希望が落込んでいる事は多くの研究が示している。

増える自殺、薬物、酒に依存する文化は知られた問題だ。

米中部地域には薬物問題がある事などは特にニュースにもならない 

しかし、この自滅型の病気のまん延の原因は何だろうか?

右側の人に常に浮かぶ原因は「リベラルの失敗が全て」だ、と。

彼等は主張する「寛容な社会保障が、依存と絶望の文化をつくり、伝統的な価値観を壊してしまったからだ」と。

しかし、驚くべきは、この見方は証拠とは全く正反対だからだ 

一つ目:死亡率増加は米国だけの現象で、しかも米国は他の先進国の何処より社会保障は貧弱で、伝統的宗教と価値観がより強い影響を持つ国だ。

スウェーデンは貧困層に米国よりずっと多くの援助をし、大多数の子供が未婚の状態で生まれる。

でも、スウェーデンの中年の死亡率は米白人の半部に過ぎない 

同様なパターンが米国内の地域の違いの中にあるようだ。

北東部とカルフォルニアの平均余命は高く、また伸びている。

そこでは社会的便益(保障)は最も高く、伝統的価値観は最も低い。

一方、平均余命が低く、低下気味の地域はBible Belt(南部・中西部)に集中している。

唯物論者は何んと説明するか?

増加する死亡率は、拡大する不平等(格差)と中産階級の崩壊であろうか?

うーん、それほど簡単ではない。

我々は、結局のところ、人々の行動の結果を議論しており、文化が多大な影響を持っている。

ヒスパニック系米国人は白人よりも貧しいが、死亡率は低い 

この文脈の中では、この事実は間違いなく注目すべきことだ。

ラテンアメリカの人たちは、収入を考えたら、予想されるよりもより高い健康で安心した生活を得ていると世界的な比較データが常に示している。

それで、どうなっているのか?

最近のインタビュで、Deaton氏は次のように示唆した 「中年の白人は自分達の人生のNarrative(物語、筋書き)を喪失してしまっている。

つまり、彼等の経済的挫折は、より多くを期待したので厳しかった。

別の言い方をすると、我々はアメリカンドリームを信じるように育てられ、現実は失敗に終わった結果に対応できない人を見ている」

この ”narrative" という言葉はよく出てくるのですが、どんな日本語にしたらよいのか苦労します。

正直、分りません。

どなた様かいい日本語の例を教えて下さい。

感謝します…

Deaton氏の示唆は、私には説得力のある仮説に思える。

しかし、なぜ米国の中産階級の間に絶望が広がっているようにみえるのかはよく分らないのが真実だ。

でも、それは明らかな事実で我々の社会に全体として厄介な結果をもたらす。

特に、死亡率の数字を反映する絶望感と、右派政治の不安定さの繋がりにに目をやる観察者は私だけではないとは知っている。

アメリカの政治から取り残されたと感じる人たちは自滅的になり、他の人たちはエリートたちの方に裏切られたとして向かう。

この時点で、読者は私に解決策を提示するよう期待するのは当然だ。

しかし、国民皆保険制度、高い最低賃金、教育への支援などは、困難な状態にある米国人を助けるのに役立つ一方、彼らの存在の絶望感を直せるのに十分かどうかは私には分らない。



Why Did the Death Rate Rise Among Middle-Aged White Americans? http://www.newyorker.com/news/john-cassidy/why-is-the-death-rate-rising-among-middle-aged-white-americans

|NYTimesでクルーグマン氏が取り上げたDeaton-Case論文をNew Yorkerが取り上げた 

先進国では際立って高い米国中年白人の死亡率(平均余命が短い)。

その原因が、直接または間接的な自死。

自殺、薬物中毒、アルコール過剰による肝疾患などによる。

Deaton-Case 論文>https://t.co/uddDkmnNCE

★詳細はURLをクリックして下さい.

********************************************************
★独立党 阪大荒田名誉教授の「固体核融合」実用化を支援しよう!★
http://dokuritsutou.heteml.jp/newversion/aratasensei.html



□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□
【●】みんなでいっしょに考えよう!TPP 全編
http://youtu.be/IrVpfMixi6s

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□
【●】アメリカ市民団体がTPPについて報道した驚異の内容1
http://youtu.be/nwKP2Yug9D8

アメリカ市民団体がTPPについて報道した驚異の内容2
http://youtu.be/d5xso5pWW9s


2013/3/15(金) TPP:銀行・企業が世界を支配する究極の資本主義のための道具
https://www.youtube.com/watch?v=i0XvrX7Igh8

TPPで日本は郵貯・簡保の資産を無差別開放させられる
https://youtu.be/G_mRJcdJpRg

降って沸いた「TPP」の謎?! 10/11/06
http://www.youtube.com/watch?v=JvBhl7rt4rU&feature=related

TPPアメリカの真の狙いは!? 10/11/13
http://www.youtube.com/watch?v=aV4fmGVP3kw&feature=channel
TPPのひみつ
http://www.youtube.com/watch?v=GqqUieLxtBY

「日本人はなぜ戦争へと向かったのか」の検索結果 - Yahoo!検索(動画)
http://urx.red/ornG


**********************************************************
【●】richardkoshimizu's blog
http://richardkoshimizu.at.webry.info/
******************************************************************
【●】過去の講演会動画
•You Tube の独立党動画 再生リスト
http://dokuritsutou.heteml.jp/douoga-gallery.html

****************************************************************
■ リチャード・コシミズの世界の闇を語る父と子の会話集 [真実を知るためのキーワード篇] RK新刊書、Amazonで買えます。 http://bit.ly/YEMoON

■リチャード・コシミズの小説ではない小説 日本の魔界 [単行本]
http://amzn.to/1gtC9SJ


□リチャード・コシミズの未来の歴史教科書 [単行本]
http://amzn.to/1eUna34

□RK第10作「12・16不正選挙」の販売を開始します。
http://amzn.to/1dQoUH2

■世界の闇を語る父と子の会話集 特別編 日本独立宣言
http://amzn.to/QjlMi4

■リチャード・コシミズ オンラインストア / 政治経済SF小説「ティアラの大冒険」

http://u111u.info/mpNQ
******************************************************************

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「●日本国の滅亡を憂う方へ 不正選挙に関する概要英語版です。世界に向けて拡散願います。」について のんびりいこうよ!開店休業/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる